業務内容

マンション大規模修繕

建物は年々劣化していきます。やがては本来の機能を維持できなくなり老朽化してしまいます。
その老朽化を少しでも遅らせ、もしくは回復させ、本来の機能を維持していくことが住民の財産、生活を守る上で大変重要な事となります。
特に給排水設備の劣化は住む人々の日常生活に直接関係する大きな問題となります。
しかし、現実にマンションという共同の居住形態であるがゆえに、大規模修繕を計画し進めていく過程においては、様々な問題を解決し進めていかなければなりません。管理組合の理事の方々はじめ、組合員の皆様で進めていく上では、必ず専門知識や技術的なサポート・アドバイスが必要となります。
そんな時には、是非、弊社にご相談をください。蓄積された実績とノウハウで必ずお役にたてる事をお約束致します。

マンション改修工事までの基本的な流れ

  • 設備の劣化調査及び診断
  •  
  • 理事会への結果報告
  •  
  • 概算見積提出
  •  
  • 理事会説明
  •  
  • 総会説明
  •  
  • 詳細調査
  •  
  • 計画設計及び見積り
  •  
  • 企画書・見積りの提出
  •  
  • 理事会説明
  •  
  • 総会説明
  •  
  • 工事説明会
  •  
  • 改修工事開始
  • 聞取り調査
  • 目視調査
  • 内視鏡調査
  • サンプリング診断
  • 超音波診断
  • 調査報告書の提出
  • 質疑応答
  • 理事会、修繕委員会等との打合せ
  • 改修の方向性を検討
  • 概算金額の説明
  • 理事会での質疑応答
  • 改修の方向性決定
  • 工事内容の具体的な提示
  • 企画設計用データ収集
  • 施工関連事項の確認
  • 仮設関係の必要性の調査
  • その他
  • 高耐久性の設備
  • 省エネルギー効果の検討
  • イニシャルコストの低減
  • ランニングコストの低減
  • 新システムの導入検討
  • 高機能設備の提案
  • 専門委員等との打合せ
    (必要に応じ複数回)
  • 一般質問
  • 改修工事決定
  • 工事期間、断水時期等の説明
  • 工事に関する質疑応答
給水管内視鏡調査
排水立管内視鏡調査
管内閉塞状況
管内閉塞状況
給水管老朽状況
サンプリング
説明会状況

設備改修の目安

このページの先頭へ